ライティング

Webライターとして文字単価 1円の壁をどう 乗り越えるのか?

black and white browsing business coffee

ある初心者Webライターさんと、文字単価 1円の壁をどう乗り越えるのか?という話になりました。

どのくらいの実績ができたら、文字単価1円以上の案件が取れるのか、ボクの経験や周りのライターさんの声を集めてみました。

クラウドソーシングを使う場合

まず、案件を獲得する手段で多いのが、クラウドソーシングを使う場合だと思いますが、文字単価 1円の壁を本当に乗り越えたいなら、1円以上の案件には手を出さないことです。

とはいえ、「そんなことを言ったら、案件が獲得できない」と思いますので、1円未満の案件を実績作りの期間だと思って割り切ってやってみるのもひとつかも知れません。

割り切ってやるのであれば、了承を得た上で、しっかりとポートフォリオ(実績)を作りこんでおきましょう。

実績があれば転職もOK

ポートフォリオが出来れば、Webライターとして転職することも可能です。

転職すれば、固定収入を得ながら、スキルアップができます。

仮に1日1記事(4,000文字)を時給1,200円✕8時間と換算すれば1文字2円以上は確定するわけです。

転職先によっては編集やプログラミングなど、プラスアルファのスキルアップができる場合もあり、クラウドソーシングを経由しなくても活動できるライターへの道も開けてきますよ。

ちなみに、ボクはこの部類にあたります。

企業ブログのライターを(見様見真似で!?)担当しつつ、ネット広告の勉強をしたり、Web解析士の資格を取って、「集客全般に詳しい」「集客後のサイトの効果測定ができる」人だ、と思われるように勉強しました。

ちょっと話を戻しますと、、、

クラウドソーシングを使う場合だと、検索を1円に絞って応募したほうが良いですね。

また、応募を誰よりも早く行うこともポイントです。

ボクはクラウドソーシング経由で案件を獲得したことはありませんが、発注は何度もしています。

そんな時は、良さそうな人は早いもの順でオファーしますし、いい人がいたら、最後のほうは提案文などあまり見ていません。

それくらい、スピード重視でやっている感覚はあります。

ジャンルを変える

アフィリエイトの報酬単価がそうであるよう、Webライター業界も、高単価案件が多いのが金融や不動産、転職系です。

逆に、誰でも書けるようなジャンル(例えば、旅行や恋愛など)だと、応募も殺到するため、低単価になりがちです。

そうならないためにも、専門性の高いジャンルを作っていくことがおすすめです。

ボクの仲間で、不動産関係の記事を書いているうちに、宅建の免許を取ってしまった人がいます。

資格を取ることが全てではありませんが、それくらい勉強しているライターさんがいることも知っておくと刺激になりますよね。

提案文やPR文を工夫する

提案文やPR文には、最大限の工夫をしたいものです。

あなたは、クライアントの要望を満たす応募メッセージを作れている自信はありますか?

例えば、就職の面接に使う自己PR文章を使い回す人っていないと思うんですが、適当にコピペして応募していませんか?

また、自己PR以外にも(クライアントの取り扱う)ジャンルに対する知識や記事の実績、それが無ければ、思い入れでも良いでしょう。

お客様のやってほしいことを先回りする

最後はボクのおすすめのやり方。

お客様のやってほしいことを先回りするということです。

具体的には、記事を書くだけじゃなくて、WordPressの投稿までやる、適切な画像の選定までやる、といったような、記事の納品したあとの業務を請け負うことができますよ、とするわけです。

可能であれば、記事案を作りますとか、バナー作れます、インタビュー記事だったら、カメラマン手配しますといった具合です。

さいごに:Webライターはサービス業!?

人によっては「そんなのライターに仕事じゃないよ」と一蹴されてしまいそうですが、暑い日に黙って冷たいおしぼりを出されたら嬉しいように、「どうやったら相手の琴線に触れることができるか」はできる範囲で考えておくべきでしょう。

そういう、案件を発注する立場に立って想像力を働かせることができれば、応募さえし続けていれば今すぐにでも乗り越えられるでしょう。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください