プレゼンテーション・文章表現

【長回しのインタビュー映像+テロップだけじゃない】撮影・編集を楽にする3つのアイデア

社内でメッセージ動画を作るとなったら、撮影機材から動画編集まで、気になることは多いですよね?

中でもポイントになるのが、シナリオです。

シナリオ=長回しのインタビュー映像+テロップでいいよね、と思っている方のために、こんな方法もあるよ、という3つのアイデアとそのメリット・デメリットをご紹介します。

①1分間動画

最初にご紹介するのは、1分間動画です。

TikTokやYouTube #Shortのような短い時間での動画視聴する機会も増え、1分という短い時間でメッセージするのはすっかり常識になってきました。

おすすめなのは、

  • 身近なテーマ
  • 自己紹介
  • ハマっていることや趣味
  • 休日の過ごし方
  • 最新ニュースについて
  • 決意表明をする
  • ためになる話をする

といったところです。

シナリオ構成は、主張→理由→具体例、を基本の型にすれば良いでしょう。

メリット

メリットとしては、

・以外な共通点を感じてもらえる
・短時間で済む
・編集がほぼ不要

などがあります。

デメリット

デメリットとしては、

・深い話ができない

などがあります。

②回想シーン的動画

2番目は、回想シーン的動画です。

話の中の印象的なコメントを切り出し、視聴者の記憶に残るストーリーに仕立てることができます。

具体例として、苦労話の一幕であれば、空っぽの財布や、汚れた衣服の映像を入れたりする、といった具合です。

メリット

メリットは、視聴者に視覚イメージが膨らみ、感情移入しやすくなります。

デメリット

相応の動画編集スキルが必要になります。

関連記事▶【You Tube入門】動画撮影に欠かせないストーリーボードについて解説します

③棒読み動画

3番目にご紹介するのが、棒読み動画です。

基本的には、「棒読みは感情が伝わりにくい」などと言われているため、紹介するのを躊躇しましたが、ボクが最近おもしろいと思った動画に、棒読みユーチューバーの題して本当に棒読みで話す経営者の動画を見つけたのです。

開始10秒くらいのところで、本人が棒読みユーチューバーを自称しています。

メリット

メリットとしては、読み上げるだけで心理的ハードルが下がること、棒読みなのでミスが少ないため、動画編集がラクになることなどが挙げられます。

デメリット

棒読みが許せるキャラクターかどうか、など、話し手の個性を選ぶように思います。

まとめ

メッセージ動画=長回しのインタビュー映像+テロップという固定概念を壊して、個性あるメッセージで視聴者の心を掴んでくださいね。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください