GA4

【GA4対応】QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析する方法

Googleキャンペーンビルダーの画像

チラシやDMなど、お客様を店舗からウェブサイトやSNSへ誘導する方法として、QRコードを使っている事業者さまが増えています。

しかしながら、QRコードがどれくらい読み取られたか、QRコードを使ってお客様がなにか行動を起こしてくれたか?までの効果測定を行っていなケースはボクの知る限り多いように感じます。

そこで、この記事ではQRコードからのアクセスを解析し、QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析する方法をご紹介します。

QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析するための準備

QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析する手順は以下の通りです。

前提としては、ボクがQRコードの入ったダイレクトメール(DM)を使ったキャンペーンをして、ブログに誘導した、という設定にしました。

①URLを生成する

ここで使うURLにはパラメーターと呼ばれる文字列のついたURLを生成する必要があります。

今回のQRコードのように、どの経路でWebサイトにアクセスしたか解析するために必要になります

ここでは、Google社が提供している無料のURL生成サイトを使います。

Campaign URL Builder▶https://ga-dev-tools.web.app/campaign-url-builder/

管理画面から、以下の5項目を入力します。

①UAもしくはGA4を選択

②Website URL→QRコードで誘導したいリンク先URL

③Campaign Source→qrcord

④Campaign Medium→dm

⑤Campaign Name→任意のキャンペーン名(ここでは、summercampaign_2022)

文字列には日本語や空白(スペース

)は使わないでくださいね!

⑤最後に生成されたURLをコピーします。

②QRコードに変換する

続いては①で生成したURLをQRコードに変換する方法です。

ここでは、CMANというサイトを使って変換します。

CMAN▶https://www.cman.jp/QRcode/?_fsi=bfPbJpGX

URLを貼り付けて、QRコードを作成するを選択し、ダウンロードしDMやチラシに添付しましょう。

QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析する方法

続いて、QRコードを使ってGoogleアナリティクスでアクセス解析する方法ですが、ここでは、読み取ったQRコードからWebサイトへの流入がどれくらいあったのかを確認します。

UAの場合

UA(Googleアナリティクス)にログインして集客 → すべてのトラフィック → 参照元/メディアを開きます。

「参照元/メディア」の列を見ると、「qrcode/dm」という項目から、QRコード流入のセッション数、直帰率、コンバージョン率などが分かります。

GA4の場合

GA4にログインして集客 → トラフィックの獲得 → 参照元/メディアを開きます。

指標の▼(プルダウンメニュー)から、セッション キャンペーンを選択します。

ここから先ほど設定した、summercampaign_2022 が反映されていることが確認できます。

まとめ

DMだけでなく、スマホからQRコードから自分で注文する仕組みを使っていたり、SNSを絡めたマーケティング施策で相乗効果が期待できます。

紙媒体と比べると集計も容易なところも魅力ですね。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー