オンラインコンサルティングで好感度を得る3つの方法

オンラインコンサルティングでは、①テンションが自分よりも10%高め、②声色が変わる、③常に相手の様子を伺う、などの要素で好感度を得ることができます。

ボク自身、何人かの方から、教えを受けていますが、昨日オンラインで話したコンサルタントの方が、絶妙なバランスで会話できる方で好印象でした。

そこで、なぜ好印象だったのか、振り返って3つの要素にまとめてみました(あくまでも、ボクの主観であり、コンサルタントの方に確認したものではありません)

①テンションが自分よりも10%高め

テンションが高い・低いとは良くいいますが、、相手(ボク)よりもちょっとテンション高めに設定しているような感覚でした。

ボクが驚けば、それと同じようなテンションで話しますし、当日はたまたま通信環境が悪くて、ボクもテンションが下がると、そこに同調してくれているように感じました。

これが逆に、ずっとテンション高めだったり、ずっとテンション低めだったりすると、もう質問する気をも失せてしまっていたかも知れません。

その点、ボクのテンションに1割増くらいの感じだったので、終始、快適にコミュニケーションすることができました。

②声色が変わる

声のトーンや間をとても気にされているように感じました。

声の「間」を感じる有名人というと、ボクは北の国からの田中邦衛さんを思い出します。

田中さんは決して、話が上手い印象はありませんが、視聴者が身を乗り出して聞きたくなるような話をする、単調では話し方ではないんです。

単調というのは、NHKのアナウンサーの話し方とでもいいましょうか、淡々と話す感じ。

コンサルタントの方はそうではなく、低い声、高い声を使い分けているような印象でした。

③常に相手の様子を伺っている

相手の反応を常に伺っているように感じました。

ツールの操作に苦慮していると、「ちょっと画面を共有してみましょうか?」と画面共有することを促したり、PowerPointを見せながら「どうなると思います?」「前回わたし、なんて言いましたっけ?」といった具体に上手に誘導してくれました。

そのせいもあって、こちらとしてもストレスなく、知りたい操作方法を勉強できたり、教わったことを思い出したりできました。

マンツーマンでなかったり、受講者がカメラをオフにしてしまったら難しいかも知れませんが、Webカメラ越しだからこそ、相手の様子を伺ってもらえると有り難いなと感じました。

同じ教える立場でもあるので、興味深く観察してしまいましたが、非常に勉強になりました。

ボク自身は上手く話そうとすればするほど、噛んでしまったり、話が回りくどくなりがちなので、今年は「声色を変える」「間を取る」ことを意識してやってみようと思います。


■編集後記

昨日は早朝にブログを書き、午前中からプログラミングをしていました。

煮詰まってきたら、スクラッチをしたり、ITパスポート関係などの関連書籍にも目を通してみると、ちょっと視点が変わって、飽きずに勉強ができます。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください