RPA

【RPA初心者向け】よく使うフロー図5つを紹介します

RPA初心者に向けて、よく使うフロー図5つを紹介します。

これを知っておくことで、要件定義書を見たときに、何を意図したフロー図なのか、が理解しやすくなります。

フロー図を作成する様子

開始・終了

フローチャートの一番最初と一番最後の記号です。

これを使うことで、フローチャートがどこかからどこまでなのか把握できます。

また、終了ステップの記載忘れには注意しましょう。

処理・作業

処理する作業内容を示し、もっとも良く使われる記号です。それぞれの処理(作業)ごとに記載されます。
仕事をするうえで、「◯◯の作業を済ませたら、次に△△をする」といったように、プログラムを上から順に読んでいくということです。

分岐・判断

指定された条件を満たした時にだけ、プログラムを分岐(判断)させたい時に使う記号です。

分岐した矢印には、「どのような時にその方向に分岐するのか」がわかるように、条件を明確に記載しましょう。

入出力・参照

データ出力、参照・入力としてデータを受け取る場合に使う記号です。

この記号を使うことで、どのデータベースやファイルが処理の対象かわかるようになります。

使い方としては、以下のようなイメージ(この場合、1を実行する際に、Excelファイルを参照する、といった意味になります)

繰り返し

繰り返しの処理開始と終了を示す記号になります。
台形のような六角形で示します。

この記号を使うことで、繰り返し条件と繰り返し終了条件を表すことができます。


■編集後記

昨日は、午前中にブログや他の執筆をし、午後から長男と外出。

お互いに集中してやりたい事があったので、静かな場所へ移動して3~4時間ほど黙々とタスクをこなし、しばらく歩いたのち外食しました。

数学の勉強が苦手なせいか、外出したくなるとの事でした。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください