アロマオイルを混ぜて使うコツ【樹木系×柑橘系は試す価値あり】

【2021年8月21日追記】

あなたは、アロマオイルを単品ではなく、混ぜて使ったことはありますか?

結論からお話すると、樹木系×柑橘系は混ぜて使ってみる価値がありそうです。

自粛期間とこの暑さで十分にストレス解消が十分にできて方も多いはず。

ボクは近所のスポーツジムに通いたっぷり体を動かしたり、先生の会話しながら辛うじて乗り切っています。

実は先日、スポーツジムのヨガクラスの先生から教えてもらった、アロマオイルを混ぜて使うコツを教えてもらい、自宅で試したところ、これがリラックスでき、新たな発見でしたので、ご紹介したいと思います。

もともとアロマの香りによる不安低減効果については、各種専門機関で証明されていますが、ボクの専門であるマーケティング業界でも、香りを専門としたマーケティング会社があるくらい、嗅覚は人の記憶に残る体験を与えられると考えられています。

アロマオイルを混ぜ方

やり方は簡単で、アロマディフューザーにそれぞれのアロマを1〜2滴ずつ入れるだけです(混ぜる、ではなく、合わせるのほうが正しいですね)

今回試してみたのは、シダーウッド×レモングラス

後日、ユーカリ×ペパーミントを試してみましたが、これがスッキリ、気分爽快でした。

樹木系や柑橘系の他にも香りの種類は色々ありますが、そのあたりはこちらの記事は分かりやすかったです→アロマオイルおすすめ21選|【香りの種類別】アロマエキスパートが効能を解説

寝る前に、枕元にテッシュペーパーを置き、アロマを1〜2滴ずつ垂らすのもおすすめ。

失敗しないアロマの合わせ方

使う前に、フタを開けて組み合わさった香りをチェックするのがおすすめ。

💡今日のなるほど

これからは樹木系×柑橘系をブレンドする組み合わせを色々考える楽しみができました。

アロマそのものには詳しくありませんが、ボクはコスパの良さそうなease-aroma(イーズアロマ)が気にっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました