WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法

WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法について知りたい

このような疑問に答えます。

解決策とJetpackというプラグインを使えば、無料でできます。

この記事でわかること

✅WordPressの投稿とTwitterを連携させるメリット

✅WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法

【おまけ】リツイートを増やすための拡散されやすい時間帯

WordPressでブログを書くにあたり、SEO以外の方法でアクセスを集めるためにSNS連携させることは、ほとんどの人が知っていると思います。

とはいえ、WordPressで投稿するたびにTwitterやFacebookにリンクさせるのは面倒ですよね?

そこでこの記事では、WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法をWordPressブログを560日以上毎日更新しているボクが解説します。

また、自動化するからには、リツイートも期待したいところなので、拡散されやすい時間帯についても調べてみました。

WordPressの投稿とTwitterを連携させるメリット

WordPressの投稿とTwitterを連携させるメリット

WordPressの投稿とTwitterを連携させるメリットは、Twitterの管理画面から投稿するための手間を省き、時間を短縮出来ること。

ボクは毎日ブログ投稿するので、毎日1分かけてTwitter投稿した場合、1年間で365分の時間短縮できることになります。

WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法

WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法

続いては、WordPressの投稿とTwitterを連携させる方法です。

まずは、Jetpackというプラグインをインストールします(その際、有料プランに誘導されますが、今回は無視して無料プランのまま進んで大丈夫です)

管理画面からSNSの共有ボタンをオンにします。

すると以下の画面に遷移するので、Twitterの連携をクリック。

自身のTwitterとの連携認証を求められます。

問題なければ、接続をクリック。

以下のように、なっていれば連携完了です。

最後に、左メニューユーザーから、TwitterURL を入力し、保存すれば完了です。

ボクの場合「@kamisakuhideki」なので、「https://twitter.com/kamisakuhideki」がアカウントのURLになります(「@」は含めない)

【おまけ】リツイートを増やすための拡散されやすい時間帯

リツイートを増やすための拡散されやすい時間帯

ここからは更に深掘りして、リツイートを増やすための拡散されやすい時間帯はあるのか調べてみました。

配信するコンテンツや、読者の属性ごとに異なるとは思いますが、配信の目安になると思います。

株式会社AutoScaleによる「ツイートの投稿時刻とリツイート数の相関」の調査結果によれば、

リツイート数のピークは平日は11時・15時、休日は12時・14時、16時だそう。

ツイートする内容や届けたいユーザーによりますから、いろいろな曜日や時間帯で試して欲しいところですが、現段階でそれほど時間帯を気にして投稿していなかったり、投稿時刻の選定に迷っているなら、

【平日】5時・11時・15時・20時

【休日】8時・12時・14時・16時

を狙ってみると良いかも知れません。

関連記事Twitter予約投稿をPCでする方法【拡散されやすい時間帯は?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました