ZoomでiPhoneをウェブカメラ代わりに使う方法

手持ちのiPhoneを使って、Zoomでウェブカメラ代わりに使いたい

このような疑問を解決します。

答えは、iPhoneに無料アプリをダウンロード+パソコンへ専用ドライバーをダウンロードすれば、2〜3分でカメラとして使えます。

iPhoneをウェブカメラ代わりに使っている様子

Zoomでのオンラインミーティングはすっかり市民権を得ました。

そのせいで、他のユーザーの表情がクッキリハッキリして、自分ももっと写りを良くしたい、相手に健康的に見せたい、そんな風に思っているかも知れません。

とはいえ、ウェブカメラを買うとなると、数千円以上の出費が必要で、どこまで効果があるか不明でちょっと不安、そんなあなたのお役に立てるよう、仕事柄オンラインミーティングをしているボクが、実際に手持ちのiPhoneをウェブカメラ化してみました。

この記事でわかること

✅iPhoneをウェブカメラ代わりに使うメリット

✅iPhoneをウェブカメラ代わりに使う具体的な設定方法

💡写りが良くなることよりも大切な◯◯とは?

iPhoneをウェブカメラ代わりに使うメリット

画質が良いため、より良い印象を相手に与えられる

実際に比較してみます(ロゴがあるのがiPhoneで撮った場合)

まずは、バーチャル背景の時

こちらは、バーチャル背景なし。

iPhoneカメラのほうが、明るく見える印象があります。

ちなみに、今使っているのアプリは無料バージョンですが、有料(980円)だと更に画質が良くなります。

iPhoneをウェブカメラ代わりに使う具体的な設定方法

設定方法については、ネットに色々記事がありますが、記事としてわかりやすかったのはこちらなので、ご参考にしていただければと思います。

Webカメラをスマホで高画質にしてみませんか?

動画だとこちらがわかりやすかったです。

💡おまけ

写りが良くなることはもちろん大事だけど、印象を良くする話し方はもっと大事です。

You Tube動画で印象を良くする話し方にはどんな要素があるのか、何かコツはあるのか、色々と調べてみました。

ボクが納得できたのは、

  1. ①結論を先に話す
  2. ②短い文章で話す
  3. ③ポイントを3つにまとめて話す

この3つでした。

よく、起承転結で話すと良いと言われますが、動画ではNGのようですね、理由は、視聴者が「結局、何が言いたいの?」と思ってしまうため、離脱してしまう可能性が高くなるようです。

もっと詳しく知りたい方は、【You Tube動画】印象を良くする話し方のコツを調べてみたをご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました