【週記 8/23〜8/29】うっかり村から逃れることで精一杯

今週はワーケーションを終えて、完全に東京での生活。

知床が一瞬ストーブのスイッチを入れてしまったくらいの気候だっただけに、この暑さは堪えます。

そんな矢先、客先に訪問すべく電車に乗って30〜40分経過したところでジャケットを忘れたことを思い出すなど、ハプニング続出でとてもタフな1週間でした。

そんなうっかりな自分に自己嫌悪に陥っている矢先、本好きの知人が興味深い本を紹介してくれたので、速攻で読むことに。

冒険者の体験を本で知る

「最後の冒険者」という本を読了しました。

別の機会にレビューしますが、神田道夫さんという、熱気球による長距離飛行や山越えに挑戦した冒険家の話です。

刺激追求型のボクにピッタリ、というより、刺激追求型のボクでもびっくりするくらいの行動力と決断力に圧倒され、電車やカフェで「えーっ!」「マジで?」と声を出してしてしまうほどでした。

💡今日のなるほど

読書や映画は、他人のした経験をあたかも自分が体験したかのように感じることができ、読み終えた頃には、さきほどまでの嫌なことはすっかり洗い流されていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました