【テンプレあり】記事の文字数が十分でない時の対処法【その①】

悩むOL
悩むOL

文字数が十分に書けないせいなのか、なかなか書いた記事を上位表示させることができません、テーマに沿って文字数を増やすコツはありますか?

このような質問に答えます。

結論は、再現性の高いテンプレートを使えばテーマに沿って文字数を増やせます。

単に解決策や意味を説明するだけだと誰が書いても200〜300文字前後の文字数になります。

とはいえ、SEO対策するのであれば、テーマに沿った形でそれなりの文字数で構成されていることは重要に要素になり得ます。

そこで、ボクが普段心がけている、といより毎日のブログで手が止まった時に必ず目を通すテンプレートを何回かに分けてご紹介します。

第1回目の今回は「似たものと比較する」「自分なりの解釈を書き加える」です。

似たものと比較する

例えば、あなたがうどん屋さんを営んでいるとします。

そこで提供されるうどんは、あなたが工夫を重ねて作った渾身の一杯、絶対に「美味しい」と来た客を唸らせる自信があるとしましょう。

そんな、あなたの努力の結晶をお客はなぜ上手いと思うのでしょうか?

殆どの場合、最近家で食べた時のうどんと比較したり、ラーメンばかり食べていて、同じ麺類でもうどんの方があっさりしていて美味しいと感じたり、、、

このように、あなたの商品やサービスについて、何か似たものと比較する、コンテンツなら、似た概念と比較することで、読み手は相対的な価値を見つけやすくなります。

自分なりの解釈を書き加える


記事の中に、自分なり解釈を書き加えることで、オリジナリティが生まれます。

例えば、「これは、◯◯という意味でしょう」「◯◯ということわざがあるように〜」といった具合に、あなたの解釈を書き加えることで、「あ、そういうことだったのか!」という理解を促すことができれば、読み手は満足し、あなたの記事(コンテンツ)が役立ったことになります。

関連記事・・・商品コンセプトのフレームワーク【アイデア集め10個の公式を紹介】

💡今日のなるほど

このあたりのネタはたくさんあるので、別の機会にまたご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました