ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

ドラゴン桜に学ぶ「伝わらないコンテンツ」への3つの対処法

非常に話題になっているテレビ番組の「ドラゴン桜」ですが、先日の放送で、読解力を身につける方法について興味深い話がありました。

ものごとを読み解く力とは、「要約する力」であり、「まとめる力」であるとも言えます。

そのためには、多くの論説文が3つの文章構造になっていることを理解することがコツだといいます。(論説文とは事実だけでなく、意見が書いてあり、事実しか書かれていなければ、それは説明文)

具体的には、、、

①同等関係

様々な形で言い換えることで伝わりやすくなります

例:動画PRは、このように大きく3つのステップに分かれています。1つ目は〜

②対比関係

対立や類似した関係と比較することで伝わりやすくなります

例:動画PRを動画に対してブログなど文章で伝えようとするとどうなるか

③因果関係

原因と結果をはっきり述べることで伝わりやすくなります

例:動画は今の時代に最も適したPR方法といえますなぜなら

このテーマを動画コンテンツが視聴者に伝わらないと感じている場合に応用するとどうなるでしょうか?読み手にとって、要約しやすいコンテンツとはどんなコンテンツでしょうか?

①同等関係で伝えている(言い換えがされている)

②対比関係で伝えている(対立や類似した関係と比較している)

因果関係を伝えている(原因と結果をはっきり述べている)

以上の3つの要素を抑えたコンテンツは、読み手にとって、要約されており、まとまったコンテンツだと感じやすい印象を受けやすいと考えることが出来そうですね。

💡今日のなるほど

言い換えや、比較、理由を述べるコンテンツ作りを意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました