ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

WordPressのCocoonで記事を効率良く書く方法

 

WordPressのCocoonを使って、記事を効率よく書くコツはありますか?

このような質問に答えます。

この記事でわかること

・Cocoonのテンプレートとは

・Cocoonテンプレートの使い方

この記事を書くボクは、現在ブログを280記事ほど、このCocoonで書いています。

記事を書くにあたり、毎回文章をコピペするなど、もっと効率良くWordPressを使いたいと感じていませんか?今回はそんな時に使えるCocoonのテンプレート機能を紹介します。

Cocoonのテンプレートとは

文章を使い回せるように、あらかじめテンプレート登録しておいて、決まったルールで呼び出すだけで入力を済ませることができます。

Cocoonのテンプレートの使い方

Cocoon設定>テンプレート

タイトルとよく使うフレーズや文章をあらかじめ保存しておきます。

(無限に登録できますよ)

上記にあるタイトルは、実際の記事のタイトルではなく、次に出てくる、テンプレートを呼び出すためのタイトルです。

保存すると、

このブログでは、中小企業の「伝えたい」をお手伝いするネタをご紹介しています

 といった文字列としてCocoon側で認識(ショートコード)されます。

これを編集画面から呼び出してみます。

クラシック>テンプレート>(さきほど保存したタイトル)記事のテンプレートを選択

Image from Gyazo

本文に、さきほどの文字列(この画像でいうと、 temp id=3) が表示されれば、完成です。

これをプレビューもしくは、公開すると、勝手に文字に置き換わって表示されるようになります。

💡今日のなるほど

冒頭の挨拶文や、最後の締めくくりなど、毎回繰り返す文章を登録しておくだけでも、効率化できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました