ホームページでホームページで今すぐ売上げアップ【ひと粒で2度美味しく販売】事例〜注意点を解説

ひと粒で2度美味しく販売概要

1つの商品やサービスで、2つの価値を与えるというコンセプトによる販売方法

ひと粒で2度美味しく販売の事例

時々利用しているマッサージ屋さんで、最近ヘッドスパのオプションができ利用したところなかなか気持ち良くて、次回も頼んでみようかな、と思っています。

他にもタウンユースが可能なゴルフシューズだったり、アウトドア系メーカーのマウンテンジャケットをビジネスでもプライベートにも着たりしていますが、ワークマンプラスは、「ガテン系の仕事(作業)着」+「そのまま遊びに行ける普段着」の典型といえます。

引用 https://workman.jp/shop/brand/workman-plus/

ひと粒で2度美味しく販売の背景にある顧客心理

ひと粒で2度楽しめるお買い得感や、他社にはない商品・サービスだと感じてもらうことができます。

ひと粒で2度美味しく販売のポイント

商品やサービスを無理に作る必要はなく、商品そのもののキャッチコピーを変えるだけでも2度美味しい商品になることもあります。

例えば、、、

✅婚約指輪を「指輪」+「男性は無料でネックレスに加工します」

✅宿泊付きゴルフパックを「ゴルフを楽しむ」+「プロにワンポイントレッスンを受けられます」

さらに、2つの価値のうち、ひとつを「エコ(環境に優しい)」にすれば、エコ商品を作れます。

例えば、いろはすのエコボトルは、その典型といえます。

ひと粒で2度美味しく販売の注意点

消費が鈍ると、「価格が安い」、「長持ちする」、「ひと粒で2度美味しい」が強調されたものに目が奪われやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました