ホットクックで低温調理【牛肉をレア目で/フライパン直焼きと比較】

全体に熱が肉全体に行き渡り、しっかり調理されたような高級な味わいがありました。

フライパン直焼きと低温調理、それぞれの断面の比較ですが、どちらが低温調理でしょうか、、、

では、さっそく調理開始。

ちなみに今回使用したのは、牛肩ロース肉(500gで900円程度)です。

直焼きとの食感を比較するために、2つに切り分け、塩コショウをしたのち、低温調理用はジップロックに入れます。

ジップロックに入れて低温調理

内鍋に水を入れ軽く空気を抜いていきます。

発酵・低温調理>54℃>60分

最後に調理設定です。

ボクはレアの焼き加減が好きなので、54℃に設定しました。

ちなみに、焼き加減は、レアの場合は54℃、ミディアムの場合は58℃、ウェルダンの場合は68℃が目安になります(調理時間は60分)

良い具合に、調理されているようで、楽しみ。

60分の低温調理直後

焼いた状態で比較

それぞれ、強火で片面60〜90秒程度焼きました。

直焼きのステーキ
低温調理のステーキ

比較するために、包丁を入れてみました。

左側がフライパン直焼き、右側が低温調理したものです。

断面から肉汁が出ているのも低温調理の特徴、旨味が詰まっていそう。

いよいよ、実食。

低温調理は全体にムラ無く火が通り、フライパン直焼きよりも断然美味しかったです。

💡今日のなるほど

次回は、もっと分厚い肉で低温調理に挑戦します。

ホットクックを使って、調理の幅をもっと広くしたいなら、この本がおすすめ。

この本では、使いやすい調理キーに絞って様々なバリエーションの調理が出来るよう、工夫されています。

例えば、

さばのみそ煮キーはこんな料理に使う

・魚の煮物

・火の通りやすい肉の煮物

・食感を残したい野菜の煮物

肉じゃがキーはこんな料理に使う

・混ぜながら加熱した煮物

・より味をしみこませたい煮物

・しっくり柔らかく仕上げたい煮物

といった具合に、作りたい料理をホットクックで作るためには、料理研究家の解説本を手にとってみるのが一番おすすめです。

おおよその調理時間や、アレンジのヒントなどが見開きで見られるため、さっと読めて実用的です。

読んで損はないですよ。

タイトルとURLをコピーしました