Googleタグマネージャー

【Googleタグマネージャー】貴社サイトにタグマネージャーが実装されているか調べる方法

Web担当者がいないなど、何らかの理由で、Googleタグマネージャーが実装されているか、調べなくてはならない場合、この方法を使えば解決します。

プログラミングの知識は一切不要ですので、だれでも簡単に調べることができます。

タグマネージャーが実装されているか調べる2ステップ

①ソースコードを表示する

②タグマネージャーが実装されているか検索する

ソースコードの表示

実際のソースコード(ブラウザーはGoogle Chromeを使用)

まずは、貴社Webサイトのソースコードを表示させます。

Windowsの場合は「Ctrl+U」、Macの場合「Command+Option+U」を押せば、現在見ているページのソースコードを確認できます。

※タグマネージャーが実装されているかを調べる時に、これらの文字列を覚える必要はありません。

タグマネージャーが実装されているか検索する

続いては、タグマネージャーが実装されているか検索します。

タグマネージャーが実装されている場合には、GTM−A1AAA1A といったID番号が付与されいます。

ですので、GTM−●●●●●●●がソースコードに隠れているかを検索してみて、ヒットすれば実装されているし、ヒットしなければ実装されていない、と判断することができます。

それでは実際に検索してみます。

ソースコード画面で、Windowsの場合は「Ctrl+F」、Macの場合「Command+F」を選択し、検索窓にGTM−と入力してEnterキーを押してみましょう。

GTM−●●●●●●と表示があれば実装されている証拠

GTM−●●●●●●と表示されていることが確認できれば、Googleタグマネージャーが実装されている証拠です。

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください