WordPress

【WordPress|cocoon】特定の投稿ページにこの記事を書いた人を表示させる方法

Cocoonで、特定の投稿ページにこの記事を書いた人を表示させる方法についてです。

記事の最後によく見る「この記事を書いた人」ですが、何らかの理由で、全てのページではなく、特定の投稿ページだけに表示させたい時があります。

解決方法としては、外観>ウィジェットから投稿ID(詳細は後述)を指定すれば設定できます。

ちなみに本記事は、WordPressのユーザー>プロフィールの設定が完了していることが前提となっています。

外観>ウィジェット

まずは、外観>ウィジェット>プロフィールを選択します。

この記事を書いた人を配置したい任意の位置(本記事では投稿タイトルの下)を指定してウィジェットを追加をクリックします。

①肩書に「この記事書いた人」と入力

②表示設定をクリック

「チェックしたページで表示」を選択

③投稿を選択

④投稿IDを入力 ※投稿IDの見つけ方はこのあと解説します。

⑤保存をクリック

投稿IDの見つけ方

WordPress管理画面のメニューから「投稿」、記事タイトルにマウスカーソルを合わせると、ブラウザ(画像はGoogle Chrome)の左下にURLが表示されます。

ここでは、post=6064 の部分をいいます。

💡今日のなるほど

他にをやり方はあると思いますが、

投稿IDを指定して、そのページだけを対象にしました。

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください