IT効率化

【Macユーザー力を高める】ファイル共有はAnDropで解決

AnDrop

MacBook✕iPhoneで使う、AirDropって便利みたいだけど、Androidでもできないの?

このような疑問に答えます。

結論は、タイトルにもある通り、AnDropというアプリを使えば解決します(いまのところ無料です)

AnDrop

この記事では、AnDropをダウンロードして使ってみたので、ご紹介します。

AnDropをダウンロード

まずは、Google Playから、AnDropをダウンロードします。

続いて、app storeのAnDropもダウンロードします。

ダウンロードしてアイコンを開くと、下図のようにステータスバーにAnDropのアイコンが表示されます。

表示されたアイコンをクリックして、「Auto Accept Files」にチェックを入れます。

チェックを入れることで自動で保存されるようになりますが、チェックを外すと、手動でクリックしてからダウンロードが始まります。

AnDropを使う

注意事項として、スマホとPCが同じWi-Fiのネットワークに繋がっている必要があります。

保存したい画像を選択し、AnDropを選択します。

すると、共有したいデバイスを確認されますので、タップします。

MacBookへ共有(転送)できたら、Finderの「ダウンロード」の中に保存されていることを確認できれば完了です。

ちなみに、ここまでのタイムラグはAirDropと変わりありませんでした。

AirDropとの比較

続いて、AnDropとAirDropの両方を使ってみた比較です。

決定的に違うのは、AnDropだとMacBook(PC)→Android(スマホ)への共有ができないことです。

ときどきこの使い方をすることがあるので、ボクとしては、AirDropのほうが便利だと思いました。

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください