IT効率化

【面倒なやり取り不要】Zoom面談予約が1分で完了!Calendlyの使い方

Zoom面談予約をする時にメールの往復など、面倒なやり取りを行っていませんか?

Calendly(カレンドリー)というアプリを使うことで、Zoomミーティングの予定を1分で調整することができます

今回は、Calendlyの使い方を解説します。

ここでの使い方を再現するためには、GoogleアカウントとZoomのアカウントが必要になります

Calendlyのアカウント作成

Calendly公式サイト▶https://calendly.com/

公式サイトからアカウントを作成します。

Googleにサインアップとあるので、クリックします。

アカウントを選択します。

リクエストを許可して、次にすすみます。

任意のURLを作成し、継続するをクリックします。

Googleカレンダーと連携し、継続するをクリックします。

続いて、空き状況(予約可能時間帯と曜日を指定)を設定します。

※あとからでも変更可能です。

思い当たりそうな仕事での役割を選択し終了をクリックすれば、アカウント作成は完了です。

実際に作成

続いては、実際に1対1のZoomによる個別ミーティングのイベントを設定してみます。

作成>イベントタイプをクリックしてみます。

1対1>作成をクリックします。

ここでZoomアカウントの連携が求められますので、ConnectZoomを選択します。

一通り設定が出来たら、Nextをクリックします。

これで調整ページの作成が完了しました。

あとは、URLをコピーして、相手に共有するだけです。

実際に自分で予約→カレンダーをチェック

最後に、実際に自分で予約をして、Googleカレンダーに予約があったか、チェックしてみます。

9/29の12:00を指定(Confirm)して、

名前とメールアドレスを入力し、ScheduleEventをクリックしてみます。

送信完了

相手のScheduleEventがクリックされると、こちらにメールが届きました。

Googleカレンダーにもきっちり予定が入っていることが確認できました。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください