ライティング

【Webライティング いますぐ改善】読みやすい文章の基本ルール8選①

Webライティングにおける、読みやすい文章の基本ルールについてまとめてみました。

いますぐ改善できる基本ルール8つピックアップし、何度かに分けてお話していきます。

💡この記事でわかること

✅全体の文字数をカウントする方法

✅一部分の文字数をカウントする方法

✅おまけ(エディタースコア)

①文章を長くしすぎない

まずは、文章を長くしすぎないということです。

文章を長くしすぎると、何を言いたいのかがわかりにくくなるからです。

さっそく、事例をご紹介します。

NGの例、OKの例をそれぞれご覧ください。

テレワークとは、通信技術を活用して場所や時間にとらわれずに個々の状況に応じた柔軟にな働き方のことをいい、メリットとして、ひとりひとりの生産性を高める働き方を可能にすると言われており、近年、自宅や共同利用オフィス、出張先のホテルを使って仕事をすることができるようになったことも普及している理由でしょう(ここまで150文字)

国土交通省の調査によれば、普及率や認知度は上昇しているものの、まだ限定的な範囲に留まっており、中小企業や地域の積極的な取り組みが期待されています。

テレワークとは、通信技術を活用して場所や時間にとらわれずに個々の状況に応じた柔軟にな働き方のことをいいます(ここまで53文字)

メリットとして、ひとりひとりの生産性を高める働き方を可能にすると言われており、近年、自宅や共同利用オフィス、出張先のホテルを使って仕事をすることができるようになったことも普及している理由でしょう。

国土交通省の調査によれば、普及率や認知度は上昇しているものの、まだ限定的な範囲に留まっており、中小企業や地域の積極的な取り組みが期待されています。

150文字の塊と、53文字の塊の違いを感じていただけたでしょうか?

読みやすい文字の塊は具体的にどれくらいを目安にすれば良いかと言うと、日本語スタイルガイドによれば、目安は50文字程度とあります。

クライアント様の意向にもよりますが、Webライティングの場合は、50〜80文字程度をひとつの塊にすると、スマートフォンでも読みやすい文章になります。

②同じ文末表現を続けない

続いては、同じ文末表現を続けないことです。

〜です。

〜ます。

〜でしょう。

など、同じ文末表現を繰り返し使うと稚拙な印象を受けがちです。

こちらも、事例をご紹介します。

NGの例、OKの例をそれぞれご覧ください。

テレワークとは、通信技術を活用して場所や時間にとらわれずに個々の状況に応じた柔軟にな働き方のことをいいます

メリットとして、ひとりひとりの生産性を高める働き方を可能にすると言われており、近年、自宅や共同利用オフィス、出張先のホテルを使って仕事をすることができるようになったことも普及している理由だといえます

国土交通省の調査によれば、普及率や認知度は上昇しているものの、まだ限定的な範囲に留まっており、中小企業や地域の積極的な取り組みが期待されています

テレワークとは、通信技術を活用して場所や時間にとらわれずに個々の状況に応じた柔軟にな働き方のことをいいます

メリットとして、ひとりひとりの生産性を高める働き方を可能にすると言われており、近年、自宅や共同利用オフィス、出張先のホテルを使って仕事をすることができるようになったことも普及している理由でしょう

国土交通省の調査によれば、普及率や認知度は上昇しているものの、まだ限定的な範囲に留まっており、中小企業や地域の積極的な取り組みが期待されています

同じ文末表現を使う場合と、そうでない場合の違いを感じていただけたでしょうか?

同じ文末表現は2回までに留めて、稚拙な印象を与えないようにする

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください