人生は大切な人との思い出作り

言いにくい事、気恥ずかしい話をする時は、相手の隣りで聞こう

言いにくい事、気恥ずかしい話をするときは、対面するのを避けて、隣り合わせで聞くのがおすすめです。

例えば、カウンターに並んで、運転席と助手席で、駅に向かう道すがら、、、隣り合わせになる機会は以外に多いものですが、以外に言いにくい事、気恥ずかしい話がしやすいと感じたことはないですか?

隣り合わせで聞くことで、相手の視線を感じることなく、話しやすい雰囲気になります。

ときには顔を合わせほうが本音がいいやすいことも、、、

ボクは多々経験していますし、最近だと、高校生の子供とはよくこの方法を意識して使っています。

家族など身近な人こそ、散歩や外出に誘って、隣り合わせで聞くことをおすすめします。

対面で話すメリット・デメリット

対面で話すメリットは、非言語情報も受け取りやすいことです。

ちなみに、言語情報と非言語情報の違いを見抜けるのは人間だけで、「目を白黒させる」といったように白目と黒目をクルクルするのは、動物界でも人間特有なんだそうです。

その反面、視線を意識しすぎるあまり、終わってからドッと疲れることもしばしば。

受け取る側の性格や資質によりますが、非言語情報を受け取ることは、とてもエネルギーを使うことでもあります。

目は口ほどに物を言う、だからこそ、、、

目は口ほどに物を言う、という言葉の通り、人の目というのは気持ちを正直に表します。

だからこそ、言いにくい事、気恥ずかしい話をする時ほど、無理して相手の目を見て話して疲れ切ってしまうくらいなら、散歩に誘って気楽に話したり、眺望の良いカウンターで相手の話を聞いてみよう。


■編集後記

昨日は早朝にブログと音声配信して、通常業務と月次レビューをしました。

28日しかなかったせいか、2月は1月に比べるとあっという間に過ぎてしまったような、、、

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー