【フロースイッチ】を使えば3つ以上の条件分岐が可能だった

UiPath フロートスイッチの画像

条件分岐(条件に合致する場合としない場合でアクションを分ける)をする際のアクティビティは理解しましたが、【フロースイッチ】を使えば3つ以上の条件分岐が可能なんですね。

以前、お客様の断食施設の予約システムの変更したことを思い出します。

【現行】

男性・女性の2択

【改善後】

男性・女性・その他・回答しないの4択

LGBTなどへの理解促進、という背景によるものですが。

他にも、3つ以上の条件分岐、いくらでもありそうですね。

投稿日:
カテゴリー: UiPath

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください