売り込まなくても売れる、WEBマーケティングのフレームワークとは?

Webマーケティングのステップ

Webマーケティングと聞くと、
すごく難しそうに思うかも知れません。

でも、実は、おおままな流れは極めて単純です。

Webマーケティングのステップ

WEBマーケティングって何すれば良いの?

①知ってもらう②好きになってもらう
③買ってもらうタイミングを待つ
④買ってもらう
⑤買ってくれた人のフォロー
⑥リピート購入してもらう


このような流れを作るのがボクはWebマーケティングだと思います。

中でもポイントになるのが、

①知ってもらう
②好きになってもらう
③買ってもらうタイミングを待つ
④買ってもらう

ここまでの過程に時間がかかることを覚悟できるかどうかです。

3ケ月かも知れないし、1年以上かかる場合もあるでしょう。

それだけではありません。

⑤買ってくれた人のフォロー
⑥リピート購入してもらう

も軽視してはいけません。

それでは、Webマーケティングの各ステップについて説明してみたいと思います。

Webマーケティングのステップ

①知ってもらう

Google検索、ネット広告、折込チラシ、名刺交換など、さまざまな手段で、自社と接点を持ちます

接点を持ったと言っても、たった1回ホームページを見てくれただけで、あなたの会社の商品やサービスのことは数時間で忘れられてしまうでしょう。

とはいえ、一瞬でも興味を持ってくれたことは間違いありません。

ですので、その瞬間をのがすことなく、名前やメールアドレスなどの情報を入手しましょう。

そうでないと、検索エンジン対策や、ネット広告費、折込チラシ代は意味のないものになります。

②好きになってもらう

継続的に連絡が取れるようになったら、ニュースレターを送ったり、メルマガを配信して、定期的にコンタクトをとり、ご縁が途切れないようにします。

内容は、売り込みをするのではなく、役に立つ情報を送ることです。

そうすることで、受け取った相手は、
「◯◯さんは良い情報をくれる人だなぁ!」
「◯◯社さんは勉強して信頼できるなぁ」
という信頼関係が生まれ、好意を持ってくれるようになります。

(マーケティング用語で、返報性の原理とか、単純接触効果といいます)

③買ってもらうタイミングを待つ

好きになってくれたから買ってくれるとというと、そうではありません。

その人のタイミングを待つ必要があります。

そのために忘れられないように、定期的にコンタクトを取り、忘れられないようにゆる~く繋がっておきながら、じっと待ちます。

そうすると、買うタイミングになった時に、真っ先に思い出してもらえる、相談してくれる可能性がグッと上がります。

④買ってもらう

3ケ月かも知れないし、1年以上かかる場合もあるかも知れませんが、そのタイミングが来た時に、自社から買ってもらえると思います。

ちなみに、ボクがメルマガを始めた時は、メルマガ経由でのご相談が初めてあったのは、初めて10ケ月後だったと思います。

⑤買ってくれた人のフォロー

※この段階でも、②好きになってもらう、ことを継続します。

それに加えて、個別に連絡を取ったり、特別なサービスを提供できるとさらに良いです。

ポイントは、相手に取って大切なお客様であることを感じてもらうことです。

⑥リピート購入してもらう

このように良好な関係性を構築することで、自然と困ったことの相談があったり、相談した流れで別の商品が売れることもあります。

以上がWebマーケティングの具体的なステップになります。

この流れを意識することで、入り口をお店のQRコードにしたり、セミナーや体験会などの施策にも応用することができます。

ここまで話を聞くと、「ここまでやらなきゃいけないの?」と思うかも知れません。

もちろん、やらなくて良い会社もあります。

それは、「その会社でしか買えない唯一無二もの」がある時です。

SONYやAppleなど「誰もが知っていて」「好意を持っている」商品があれば、タイミングを見計らって購入するからです。

しかし、われわれのような中小企業は、殆どが「誰も知らない」ところからのスタートになります。

だからこそ、

①知ってもらう
②好きになってもらう
③買ってもらうタイミングを待つ
④買ってもらう
の過程に時間がかかることを想定して準備しておく必要があるのです。

とはいえ、ここまでのマーケティング活動を一度構築してしまえば、あとはしめたもの。

営業活動は楽になりますし、競合との価格競争にさらされる確率もグッと減るわけです(あなたから買いたい、と思われているわけですから)

Webマーケティングは一見大変そうに見えますが、ある程度自動的にできるので、実はやりやすいです。

構築した仕組みは資産になり、その余力を商品開発や顧客のサポートに充てることができるようになってくると、さらに差別化ができ、ここまでくるとWebマーケティングが面白く感じられるようになります。


■編集後記

昨日は早朝にブログと動画を投稿、プログラミングの面白さを感じています。

色々と自動化したいことをイメージしています。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください