ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

Googleアナリティクス でもっとグラフを活用する方法

円グラフや棒グラフを使うのはどんな時ですか

 

グラフに複数のデータを表示させる方法はどのように設定すればいいですか

 

 

このような質問に答えます。

 

 

この記事でわかること

・円グラフ・棒グラフ使い方のコツと注意点

・グラフに複数のデータを表示させる方法

 

 

Googleアナリティクスは、グラフの種類がさまざまあって、ボク自身も使い始めた当時は、ぶっちゃけチンプンカンプンでしたが、何年も使っているうちに慣れ、文系人間のボクでもレポーティングが楽しいと感じられるようになりました。

 

 

 

Hide
Hide

上司やクライントの理解を得やすくなりますよ

円グラフ・棒グラフ使い方のコツと注意点

 

以下の図にある、グラフの切り替え機能の使い方と注意点をお伝えします。

 

円グラフ

 

このように、表示項目が2〜3種類の時は円グラフに適している

 

 

 

Hide
Hide

デバイスごと、新規とリピーター、性別など

 

チャネル別など、4つ以上の項目を比較する場合には適していない

 

 

 

Hide
Hide

比較しにくいですよね

棒グラフ

 

こちらも、良い場合と悪い場合を比較してみました。

 

2種類のデータを比較する場合に適している

 

 

 

データの差が激しいとイメージしにくく、適していない

 

 

 

 

Hide
Hide

比較する項目数で見せ方を変えるのがコツです

 

※Kindle版が通常本の約半額でおすすめ

 

グラフに複数のデータを表示させる方法

 

もうひとつは、グラフに複数のデータを表示させる方法になります。

 

 

例えばこのデータ、新規訪問とリピーターの構成を折れ線グラフで表したいとします。

 

Hide
Hide

青色の折れ線グラフは全体ですよね

設定方法は簡単でして、、、

 

チェックボックス にチェック>グラフに表示 をクリック

 

 

これで、全体だけでなく、新規とリピーターが折れ線に表示されました

 

 

 

まとめ

 

データを見える化して伝えやすくするのがグラフを利用する最大の価値ではないでしょうか。
比較する項目数で見せ方をグラフの種類を変えるのがコツです。
神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制のセールスを10年間、その後、建築材料資材の通販部門立ち上げ、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました