ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

コンテンツ作りの方法【結論:4つの学習タイプを想定せよ】

コンテンツ作りをするために、なにか良い方法はないですか?

こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること

✅人間は4つの学習タイプに分かれる

✅4つの学習タイプを理解するメリット・デメリット

✅具体的な特徴、コンテンツ案と応用例

この記事を書くボクはホームページ制作や、販売数約20万部のカルチャー誌の広告文章制作をしています。

その中での経験から、コンテンツを作るうえで、特定にユーザーに刺さるようにしながらも、より多くの人の納得を得るためには、4つのタイプ毎に行動したくなるような構成にすれば良いことが分かりました。

4つの学習タイプとは

出典:https://learningfromexperience.com/

アメリカの教育理論家であるデイビッド・コルブが提唱した4つの異なる学習タイプがあるそうです。

①なぜタイプ
②なにタイプ
③どうやってタイプ
④もしもタイプ

1つのタイプに限定されると限らず、「なぜタイプ×今すぐタイプ」などといった、複数のタイプが組み合わさることも考えられます。

あなたはどのタイプにあてはまりそうですか?

4つの学習タイプを理解するメリット・デメリット

4つの学習タイプを知ることで、あらゆる人が納得するコンテンツが作れるようになります。

逆に理解していないと、どのタイプかが納得できない網羅性のないコンテンツになり、機会損失してしまうことになります。

具体的な特徴、コンテンツ案と応用例

それぞれのタイプには特徴があります。

なぜタイプ

特徴

必要性や理由を理解すれば行動する人で、「学ぶ必要性が知りたい」「理解したことでどんな価値があるの?」などと考えています。

刺さるコンテンツ案

あなたのビジネスや紹介したい商品・サービスが提供できる価値や、メリット・デメリットを伝えるのが良いでしょう。

応用例(ホームページ制作における)

ホームページ制作で応用するなら、以下ようなコンテンツが考えられます。

  • お問い合わせをメールで受け取ることができる
  • 求人募集ができる
  • 取引先や金融機関に会社概要を見てもらる
  • お店のコンセプトや世界観を知ってもらえる
  • 商品紹介動画を配信するプラットフォームをもてる

なにタイプ

特徴

納得できる何かしらの証拠やデータを見せれば行動する人で、「その主張の根拠は?」「この結果の裏付けは?」「権威性のある人の話なの?」などと考えています。

刺さるコンテンツ案

お客さまの喜びの声や、権威ある方の推薦文、第三者機関による分析データを開示するのが良いでしょう。

応用例(ホームページ制作における)

ホームページ制作で応用するなら、以下ようなコンテンツが考えられます。

  • ホームページを作ったお客様の喜びの声
  • 取引実績の紹介

どうやってタイプ

特徴

全体像を見せたり、手順がわかれば行動する人で、「具体的にはどうやってやればいいの」「使い方を教えてください」「すぐに使って検証したい」などと考えています。

どうやってタイプに刺さるコンテンツ案

お客さまの喜びの声や、権威ある方の推薦文、第三者機関による分析データを開示するのが良いでしょう。

応用例(ホームページ制作における)

ホームページ制作で応用するなら、以下ようなコンテンツが考えられます。

  • 制作までのプロセスを3ステップで説明する
  • 具体的な制作手順を紹介する

もしもタイプ

特徴

自分ごととしてどう活かせるかを刺激すれば行動する人で、「もし、自分の状況で試すとしたら」「他の場面でどう活かせるだろうか」などと考えています。

刺さるコンテンツ案

手に入れた情報の活用方法を紹介するのが良いでしょう。

応用例(ホームページ制作における)

ホームページ制作で応用するなら、以下ようなコンテンツが考えられます。

  • ショップカードやチラシにQRコードを入れれば、何人が見てくれたか、の効果測定ができるといったいままでやってきた集客施策の効果検証ができることを伝える等の活用法を紹介
  • ECショップ機能を持たせることで、コロナ禍でも通販事業展開が可能になる等の活用法を紹介

💡今日のなるほど

4つの行動タイプを理解することで、誰もが行動したくなるようなコンテンツをつくることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました