wordpressでお問い合わせフォーム迷惑メール対策【2020年10月:reCAPTCHA3を実装】

WordPressで作ったサイトに膨大な迷惑メールにうんざり、何か対策できますか。

こんな疑問に答えます。

この記事を書くボクはホームページ制作や、作ったあとの集客〜改善サポートまでをすべてボク自身で行っています。

WordPressのお問い合わせフォームを作ってみたものの、迷惑メールの嵐、、、嫌になったり、そのうち乗っ取られてしまうのではないかと不安になる、そんな声をよく聞きます。

そこで今回は、お問い合わせフォームに無料で実装できるreCAPTCHA3とその具体的な実装手順をご紹介します。

実装するための準備

Googleアカウントを作成すること

reCAPTCHAとは

百聞は一見にしかず、この画像に見覚えありませんか。

こちらが第2世代のrecaptcha
こちらが第3世代(最新)

reCAPTHCA とは、フォームに「私はロボットではありません」というチェックボックスを表示するものです、殆どの方はご存知ですよね。

最新のreCAPTCHA v3では、サイト閲覧者は「私はロボットではありません」というチェックをつける必要さえなくなっています。

ちなみに迷惑メール(スパム投稿)は、人間ではなく、ロボットによって行われています。

プログラムによってお問い合わせフォームを自動入力できるように仕組まれたロボットによって、インターネット上にあるお問い合わせフォームから機械的にスパムを送信しています。

ロボットでないことを証明する手段になります

reCAPTCHA3 実装の手順

では実際に実装してみます(今回は最新の第3世代になります)

まずは、Google の reCAPTHCA ページへアクセス。

Anmelden – Google Konten

・ラベル(わかりやすい名前に)

・タイプを recaptcha3 に選択

・ドメインを入力

・チェックを入れて送信すると、、、

サイトキーと、シークレットキーが付与されますので、それぞれコピーしておきます。

設定に移動をクリックして、次のページで内容を確認して保存します。

続いてワードプレスの管理画面から、お問い合わせ>インテグレーション>インテグレーションのセットアップを選択

セットアップ画面を確認して、さきほどのサイトキーとシークレットキーを貼り付け、保存すれば完成です。

完成イメージは以下の通りです。

💡今日のなるほど

迷惑メール対策にゴールなし。

またセキュリティ対策系の記事もアップしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました