RPA

RPAのフロー図を作るのに便利なdraw.io便利な3つのポイント

RPAのフロー図を作るのに便利なdraw.io。

おすすめしたポイントは 、

・矢印の使い方が簡単

・図形やアイコンが豊富

・クラウドに保管できる

という3つです。

パワーポイントやエクセルでフロー図を作るよりも使い勝手が良いと感じました。

draw.ioとは

フローチャートなど様々な図形を作成することができる無料サービスです。

draw.io

https://www.draw.io

矢印の使い方が簡単

フローチャートを作る際、ExcelやPowerPointだと矢印の長さを調節することがあります。

しかし、draw.ioならその必要がありません。

対象となる図形をマウスで動かすとそれに追従して、矢印が動いてくれます。

そのため、一旦矢印をつけたら、長ささ方向を記にする必要がなくなります。

また、矢印そのものも、

図形の端にエメラルドグリーンの部分にマウスを当てると、そこから矢印を引っ張るだけです。

そのため、正確かつ効率良く矢印を引くことができます。

図形やアイコンが豊富

フローチャートはもちろん、その他の図形の種類が豊富で、管理画面上で探しやすいです。

これだけ種類があれば、フロー図のデザインにこだわりたい場合でも、イメージに限りなく近い図形を探しやすいでしょう。

クラウドに保管できる

Google Driveなどのクラウドに保管することができます。

これによって、進捗状況をクライアント先と共有することができ、また共同編集をすることも可能です。

https://www.draw.io をクリックすればクラウド上で利用することができます。

承認するをクリックしたのち、新規作成することができます。

以上のように直感的に使うことができるので、RPAのフロー図を作るのにおすすめできます。


■編集後記

昨日は午前中に家の掃除や家事をしつつ、午後からコンサルティング(受ける側)でした。

目標志向の高い方なので、ボクが好奇心で脇道に反れた時に軌道修正してくれるのが分かり、とても助かっています。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください