ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

キャッチコピーの表現方法を考える手がかりを7つ紹介

キャッチコピーの表現ってゼロから考えのではなく、何かテンプレート化、パターン化されたものがあるんじゃないか?

 

 

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事で分かること

・キャッチコピーの表現方法を考える手がかりを7つ、事例を交えつつ紹介します
・手がかりを見つけても、すぐにキャッチコピーを書いてはいけない理由
・より伝わりやすくするために顧客の現状意識と7つの表現を最適化する方法

 

 

20万部発行の某カルチャー雑誌の広告コピーなど、約7年間広告業界に携わるボクの考えをお伝えします。

 

 

Hide
Hide

記事の内容を実践すると、表現を考えるための手がかりができ、キャッチコピーを作る時間の削減と表現の幅が広がりますよ

 

 

手がかりとなる7つの表現方法

直球で表現

 

ストレートに誤解なく伝わる

 

例:お味噌ならハナマルキ

※反面、競争優位性・ブランド力がある時でないと広告コピーとして平凡になりがち

 

権威をもたせて表現

 

信頼性を高めたい、理解しにくい場合に使う(読み手が権威を感じれば、人間でなくても良い)

 

例:歯医者さんが認めたデンタルケア

 

問題解決する表現

 

調査結果や実験に基づいて表現する

例:文系大学生が就職したい企業ナンバー1

 

実証して表現

 

調査結果や実験に基づいて表現する

例:文系大学生が就職したい企業ナンバー1

 

大げさに表現

伝えたいことを抽象化してインパクトを与える時に使う

例:たった7日間で変わるダイエットサプリメント

 

恐怖を与えて表現

 

読み手が問題に気が付いていない時に使う

例:あなたの台所、今日もカビ増殖中かもしれません

 

関心ある情報を与えて表現

 

目立った特徴がない、まだブランド力が弱い時に使う

例:ビジネスマンの83%が役に立ったと答えています

 

すぐにキャッチコピーを書いてはいけない理由

 

結論は、「自分の書きたい表現を優先させるのではなく、顧客の意識に最適化させましょう」です。

 

7つのうち、どの表現の仕方がいちばん、重要性を感じてくれそうか?

を考える必要があります。

 

例えば、水道漏れを解決したい顧客に向けた広告に、大げさな表現や恐怖を与える表現って要りますか?っていうことです。

 

そのために、顧客の現在もっている意識と7つの表現を最適化させる必要があります。

 

顧客が現在もつ意識と7つの表現を最適化する

 

 

ここでは、顧客の意識を6つのレベルに分けてみました。

 

①いますぐ解決したい(焦り・緊急)

②やや問題意識があり(不安・悩み)

③今のままでは良いのか判らない(不審・疑問)

④言われてみればそうかもしれない(期待薄)

⑤良い方法があれば試してみたい(期待・希望)

⑥最良の結果を手にしたい(意欲・願望)

 

 

実際に、7つの表現を最適化するには以下の図を参考にして下さい。

 

 

 

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制のセールスを10年間、その後、建築材料資材の通販部門立ち上げ、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました