ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

キャッチコピーで言い換える時に守るべきたったひとつのルールとは

キャッチコピーを作るまえに、何か言い換えに使えそうなウェブサイトを探している

 

 

キャッチコピーで何か言い換える具体的な表現を探している

 

キャッチコピーって、違うことに言い換えたり、違うものを言い当てるゲームみたいなものじゃないの?

 

 

このような疑問や悩みを持った方が、最初に守るべきルールがあるという話です。

 

 

結論から言います。

 

 

課題を解決しようとしているか

 

 

を前提として言い換えましょう。

 

 

この記事で分かること

 

・言い換えや言い当てるだけではキャッチコピーにならないと思う理由

・言い換えだけのコピーと課題解決のコピーの比較

・課題解決のコピーが書けるようになる2つのアクションリスト

 

 

20万部発行の某カルチャー雑誌の広告コピーなど、約7年間広告業界に携わるボクがいま思うことをお伝えします。

 

 

言い換えや言い当てるだけではキャッチコピーにならないと思う理由

 

なぜなら、読み手にとって、何の問題解決や悩み解消の手立てになっていないからです。

 

 

言い換えただけのキャッチコピーを読んだ人は

「なるほど」

と思うかもしれませんが、行動を起こさないことが多いです。

 

 

ボクが尊敬する日本を代表するコピーライターの谷山雅計さん

によれば、

「広告主の課題を少しでも解決しようとするのがコピーだ」

と述べています。

※直接的に解決につながっていないように見えるコピーや、長期的に解決を目指すコピーや広告全体を使って解決する場合もあります

 

では、言い換えだけのコピーと課題解決するコピーとは何が違うのでしょうか。

 

言い換えだけのコピーと課題解決のコピーの比較

 

 

比較にあたり、こんな課題を考えて考えてみました。

 

 

「最近、ゴミステーションに無断で粗大ゴミ捨てる人がいて困っている」

 

 

それぞれの広告コピーを考えて比較してみました。

 

 

 

Hide
Hide

無断で捨てようとした人は、このメッセージをどんな気持ちで受け取るでしょうか

 

ちょっとピンと来ないかもしれないので、今度は2つの目線で比較してみました。

 

目線の違いを感じるメッセージ比較

読み手の目線

書き手の目線

 

書き手の目線で受け取ったメッセージの場合、以下のような、脳内変換をする必要があります。

 

 

「あと10分って何分後?」

「10時にメッセージが送られているから、10時10分に着くんだな」

 

Hide
Hide

脳内変換するのって疲れますよね、、、

 

では脳内変換しなくて良い、課題解決につながるキャッチコピーを書くにはどうしたら良いのでしょうか。

 

課題解決のコピーが書けるようになる2つのアクションリスト

 

 

その広告コピーは読み手目線でなく、書き手目線になっていませんか?

ゴミを無断で捨てる人の気持ちになりきってますか?

 

自分の広告にダメ出しする

家族や友人など、率直に聞いてもらい、ダメ出し・突っ込みをいれてもらいましょう。

 

Hide
Hide

2〜3日経ってから見直すと、自力でも

改善点が見つかることはよくあります【客観性の担保といいます】

 

まとめ

広告コピーは、言い換えたり、描写する以上に、広告主の課題解決をしようとしているか、という前提から入ること。

 

 

行き詰まったら、

「この広告コピーの課題は何だったのか?」

という原点に戻ること。

 

 

 

 

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制の個人営業を10年間、その後、建築材料資材の法人営業、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました