【自宅でできるゴルフ上達法】アプローチをする時の目線の確かめ方

アプローチの際、目線がしっかり目標に向いているか不安です、目線の確かめ方を教えてください

このような疑問に答えます。

結論は、100均で鏡を2枚買ってくれば、目標方向に正しく向いているか、確かめることができます。

この記事でわかること

・目線を確かめることのメリット

・自宅で目線を確かめる具体的な道具と手順

・実際に続ける上での注意点

この記事を書くボクは、約2年ぶりのゴルフで87をマークした元競技ゴルファー。

このスコアが出せたのも、日頃、目線を確かめているおかげ

目線を確かめることのメリット

それではここで、目線を確かめることがどれだけメリットがるかについて、図解しながら説明します。

上図は、ボールがあることろから、目標(旗)までを表したもの。

もし、あなたの目線が3°ズレていたいら、10メートルのアプローチの場合、目標方向から約52cm離れてしまうことになります。

これでは、どんなにうまくアプローチができたとしても、カップに寄せることはできません。

自宅で目線を確かめる具体的な道具と手順

続いて、実際に自宅で目線を確かめる具体的な道具と手順について、5つのステップに分けてお話します。

①100均の鏡2枚を買う

ダイソーで1枚100円で売っていました

②買った鏡に油性ペンでラインを引く

もし、100均に行ったり、ペンでラインを引くのが面倒なら、練習器具を買ってみるもの良いでしょう。

③鏡を床に置く

④アプローチの構えをして、目線や肩のラインに合わせる

引いたラインを覗き込んで目線や肩のラインを合わせることができます

⑤④を繰り返す

自宅でパターやアプローチをしながら、目線のチェックを繰り返す

実際に続ける上での注意点

目標への目線の追い方に注意する必要があります。

ここでは、正しい目線の追い方と、間違った追い方を写真を使って比較します。

(正しい場合)

正しくは、ターゲットへのラインと視線が平行になります。

(間違った場合)

ショットの場合もそうですが、視線のラインに合わせると右に行きますし、それを嫌がると手首をこねるなど、もう収集がつかなくなります。

💡今日のなるほど

パターとアプローチの自宅練習で、目線の確かめ方を身につければ、あとはスイング練習するのみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました