iphoneのカメラとしての持ち方【プロに学ぶ写真の撮り方講座①】

今回から数回に分けて行う「プロに学ぶ写真の撮り方講座」

以前からお付き合いのあるプロカメランの清水毅志さんに講師をお願いし、写真の撮り方を教えてもらうことにしました。

ということで、さっそくはじめていきます。

スマホは両手持ちが基本

まず、基本編の最初は、縦に持って撮るのではなく、横に持って撮る、ということ。

理由は簡単で、片手だと不安定だから、です。

確かに、SNSに投稿するなら画角的に縦で撮るほうが良い場合がありますし、この一瞬を逃さないためには、さっとiPhoneを取り出して片手で撮りたいかも知れません。

その気持ちはよくわかりますし、否定はしません。

ただ、慌てているとつい手ブレ写真になったり、最悪のケースでは落としてしまうこともあります。

修理代にいくらかかるんだよ、、、

ちなみに、プロのカメラマンが一眼レフカメラなどを使って写真を撮る時に覚えることって、ホールディング(左手にカメラを乗せ、右手は添える程度で包み込むように持つ)なんだそうです。

出典:https://lachicphoto.com/

【盲点でした】音声ボタンをシャッターにする

音声ボタンってシャッターにもなりますよ

両手で写真を撮るほうが良いことは分かった、でも、シャッターボタンが押しにくいんだよね〜、と思ったアナタ。

ちょっと待ってください。

出典:https://support.apple.com/

シャッターボタンというと、ここにしかないと思いこんでいませんか?

実は、あるんです、ここにも。

この音量ボタンを使えば、従来のシャッターボタンを使うことなく、カメラに近い感覚でシャッターを切ることができますよね。

自撮り・縦撮りも音声ボタンを使えば安定

自撮り・縦撮りする場合も、シャッターを音声ボタンで使えば、アナタのiPhoneをしっかり包み込むことだできます。

これなら片手でも、楽チンですね。

💡今日のなるほど

これだけで、手ブレやピンぼけが減って、かなり写真の撮り方が変わりそうです。

次回は、構図やグリッド線の活用法についてお伝えます、お楽しみに👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました